2012/07/28 (Sat) 池上線開通80周年キャンペーン① 昭和のくらし博物館

池上線開業90周年キャンペーン」のスタンプが設置されているところは下記の16か所。
【ミュージアム】昭和のくらし博物館、金羊社 ミュージックジャケットギャラリー、増田屋 炭ギャラリー
【商店街】蒲田西口商店街、池上駅前通り商店会、石川台希望ヶ丘商店街
【銭湯】明神湯、大田黒湯温泉、池上温泉
【沿線名所】池上本門寺、洗足池ボート乗り場、蒲田東急プラザプラザランド
【駅】蒲田、蓮沼、池上、洗足池

私たちが一番最初に目指したのは「昭和のくらし博物館」です。場所を良く確認していかなかったがために、だいぶ迷いました。久が原駅からなら徒歩約8分かかります。HPの説明によると駅前より「ゆうやけ通り商店街」を抜け、「野津原医院」の左脇の小さな路地を通り抜けた2軒目。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (13)
見つけた!のぼりが立っていました。ここを入って・・・
2012_07_28昭和のくらし博物館 (12)
路地を通り抜け・・・
2012_07_28昭和のくらし博物館 (11)
あったあった。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (10)
博物館と名前がついていますが、そんな堅苦しいものではありません。普通のおうちです。昭和26年建築の東京郊外にある庶民住宅を、中の家財道具ごと保存し、丸ごと公開しています。この家の長女であり、生活史の研究者である小泉和子さんが個人で運営しているものなのだそうです。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (2)
昭和26年建築のおうちと考えると大変にモダンなお家です。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (3)
当時の食卓も再現されています。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (5)
こちらは台所。当時は水道がきちんと整備されていなかったりしましたから、居間から段差もなくすぐに台所を作ったというのは大変なことだったそうです。このお家はトイレも中にありました。下水道が整備されるということでトイレを中に作ったそうです。当時は汲み取り式でしたから、匂いや衛生面の問題でうちの中にトイレがあることは少なかったのです。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (8)  2012_07_28昭和のくらし博物館 (6)
2012_07_28昭和のくらし博物館 (7)  2012_07_28昭和のくらし博物館 (9)
棚や引き出しも自由に開けてみることができます。懐かしい小物が入っていたりして、とても楽しいです。この日はちょうど説明してくれる男性がいらしていて、ちょうど良くその説明も聞くことができました。

若いかわいい熱心な学芸員(だろうと思われる)女性が明るく丁寧に受付をしています。見学を一応終わった後にはお庭の柿の葉で作ったという冷たいお茶を見学者みんなにふるまってくれました。こんな博物館って初めて。展示品も展示しているスタッフの方も大変近しい感じです。ここには常に穏やかな時間が流れていそうです。

受付のところでラムネを販売していました。
2012_07_28昭和のくらし博物館 (1)
ちゃんと小さなお盆にのせて出してくれました。暑さがちょっと飛んで行った感じがします。
やっぱり大田区。だから好きですよ。まだまだ素敵な昭和が残っています。

昭和のくらし博物館
所在地 〒146-0084 
東京都大田区南久が原2-26-19
TEL&FAX : 03-3750-1808
休館日 月曜日/9月上旬/年末年始
(撮影などによる臨時休館の他、展示替え、イベント準備等により、
4時半頃から展示物を撤去する場合があるそうです。)
入館料 大人 500円/小学生~高校生300円



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(2) |


<<東名川崎IC近くのタイカレー イムイェム | TOP | 久が原駅近くの喫茶店  金糸鳥(カナリヤ)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


*②こんばんは* 

わたしは団地っ子だったので一軒家というのは、ドキドキする場所でした(笑)

おばあちゃんちに遊びに行くと仏間があってお線香のにおいと桃やりんごや葡萄、
お供え物、お花の豪華さに緊張したものです。(ちょうどお盆だったのね...)

そういえ汲み取り式のトイレだった!おばあちゃんち!!。
四角い紙をどれくらい使ってよいのか、いつも悩んでいました...。

ラムネの下の木彫りの机?がいい感じですね。
では。

2012/09/21 22:42 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: *②こんばんは* 

はしびろけろ様
 おはようございます。
 はしびろけろさんは都会の人なんですねぇ
 田舎にいると団地というのが都会です(笑)

 ここのお家は家の中にトイレを作ったという
 画期的なおうちだったそうです。
 最初は汲み取り式だったそうで、匂っただろうと説明の方がおっしゃっていました。
 確かに昔四角い紙でしたねぇ 今も売っているのかしら。

 ラムネの下の木彫りのものはアジアのどこか製の収納ボックスのように見えました。
 おうち自体も素敵だったんですが、あんなふうに見せられるというのは
 センスなんだろうなぁ・・と。スタッフの方の愛が感じられました。

2012/09/24 08:43 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/649-c27cfe08

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: