FC2ブログ
2012/07/29 (Sun) 蒲田の西口の有名店 鈴文

揚げ物大好き! 揚げ物の中でもパン粉のついた揚げ物が特に好きらしく(自分のことではありますが比較的最近気づいたんです。)、とんかつは大好物です。純喫茶リオのマダムととんかつの話になり、蒲田のとんかつの話でちょっと盛り上がりました。

蒲田のとんかつ屋さんと言えば西口には「鈴文」、東口には「丸一」という有名店があります。どちらも甲乙つけがたいのですが、落ち着いた雰囲気で私は「鈴文」さんの方が好みです。「行列に並ぶなんて嫌よ!」とか「白っぽいとんかつなんてかつじゃないわ!」とかリオのマダムがおっしゃるものですから(マダムのせいにしていますが、ほぼ私の意見です(笑))急激にとんかつが食べたくなりました。それも美味しいのを・・・ね。

というわけで、日曜日は営業しているというのを確認して夕ご飯に「鈴文」さんへ。「鈴文」さんは、東京工科大学のすぐ近くにあるとんかつ屋さんです。区画整理でお店が移動するのを機に閉店しようと思っていたようなのですが、それまでのお客様たちの強い要望で場所を少し移動して営業再開したとお聞きしました。ちなみに私は、新しくなってからしか行ったことがありません。
2012_07_29鈴文 (3)
店内はこぢんまりしていて、ほとんどがカウンターです。奥の方にテーブルがあるみたいです。(未確認)
2012_07_29鈴文 (2)
店頭にあるメニューです。ほぼこれで全て。とんかつ屋さんらしいいさぎよいメニューです。カウンターへ案内されて、私はひれかつ、同行者はロースかつを注文しました。
以前一人で来た時には、店主がとんかつを揚げている間、眠っているように目を瞑っていらしてあげ時になるとぱっと目をあけてとんかつを油から揚げるんです。名人芸なのか・・・それとも、店主の体調が・・というような噂を聞いたりしていたので、体調が悪いのでは?と心配してみたりもしました。今回はお客様が多かったせいもあって大変活発にとんかつを揚げたり、他の準備をしたりと忙しくしていらっしゃいました。仕事ぶりを見ていると大変細かい方のようで、トン汁の材料の指示がグラム単位です。


とんかつを揚げるのを眺めていると時間がすぐにたってしまいます。とんかつ登場。
2012_07_29鈴文 (1)
これがとんかつ。特ロースでなくても十分に厚いです。特ロースはこの1.5倍くらいの厚みがあるように見えます。もういきなりソースかかってますが、私はとんかつが好きなだけじゃなくてソースも好きなんです。良いとんかつは塩で・・とか、お醤油で・・とか聞きますが、申し訳ありませんがとんかつが食べたい時は、ソースと辛子が食べたい時でもあるわけで、それ以外の食べ方はないです。グルメじゃなくてごめんなさい。
2012_07_29鈴文 (4)
こっちがひれかつ。ひれかつも厚みがあります。
この前食べた時よりも衣の色が少し薄いような・・・どちらかと言うと揚げすぎ?と思われるくらいの色をしていたと記憶しています。でも、揚がっていないわけではありません。中はほんのりピンク色。ここの豚肉もSPF豚だと思うので、少しくらい揚がっていなくても大丈夫なのでしょうが、私は昔の人なので「豚肉はきちんと火を通さなければいけません」と教えられています。ちょっと生っぽいのは、大丈夫とわかっていても抵抗あるのです。
ここで特徴があるのは、揚げたとんかつを切る時に包丁を熱い揚げ油につけながら切ることです。あれはどんな意味があるのでしょうか。
付け合せのキャベツにはあまり思い入れはないようで、結構なざく切り。私が初めてせん切りキャベツを作った頃のような太さです(苦笑)その上量は少ないです。とんかつやさんの千切りキャベツは、私にとってはとんかつと同じくらいに重要なのでかなり残念。お味噌汁はトン汁です。説明できないんですが、ちょっと特徴ある味。私は好きです。

同行者は初めてこのお店に行ったので、「今まで食べたのはとんかつじゃないかった!」くらいに美味しいと感激していたのですが、私はこの日のとんかつはあまり良くなかった・・・と感じました。何がどうと言えなくて、自分の感覚のみなのですが、いつもよりもちょっと雑な感じがしました。いつもの状態の良い時のとんかつを食べさせたかったなぁ・・・・まぁ それでもかなり美味しいことは美味しいのですけれどね。
揚げ物もその日によって多少差があるのはしょうがないです。作っているのは人なのですから。

このお店店主が揚げ手で、フロアとその他のことは女性2名で行っています。女性2名の接客も感じが良くて、昔から通っていらっしゃるお客様の雰囲気も良く、お店全体が良い感じになっています。お客様は比較的年齢層が高いのですが、ボリュームある特ロースや盛り合わせをペロリと召し上がる方も多くて驚きます。そのくらいもたれない・・ということなのかもしれません。

いつかお昼にお邪魔してみたいと何年も前から思っているのですが・・・なかなか行けないのが残念。


鈴文
TEL 03-5703-3501
住所 東京都大田区西蒲田5-19-11
営業時間 11:30~14:00
17:30~20:30(L.O20:00)
定休日 水・木



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト



東京 | trackback(0) | comment(4) |


<<六角橋商店街の洋食やさん キッチン友 再び チキンソテー | TOP | 梅ちゃん先生って人気なのね・・・>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

とんかつはやっぱり茶色い方が美味しそうに見えますよねー。おいしいトンカツ屋に行きたいなー。

2012/08/23 20:12 | TORU [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

TORUさま
 私はなんでもこんがり♪が好きなものですから(笑)
 美味しいとんかつやさんはいいですねー。
 東京ってとんかつ屋さんが多いような気がします。

2012/08/24 10:31 | 海塩みかん [ 編集 ]


*こんばんは* 

さすが”揚げ物大好き!”と宣言(^^しているみかんさんらしく
とんかつの美味しさの基準が色々とあるわけですね♪

外で揚げ物をあまり食べないので(^^;よくわからないのですが
このヒレカツはやはりちょっぴり色が薄いかしら?
この色で家で出すと「もう少し揚げないといけませんね」とダメだしされます(笑)
我が家も「豚肉はきちんと火を通さなければいけません」です。

>包丁を熱い揚げ油につけながら 
包丁なのですか?包丁!!?包丁...。ふむ...。
では。

2012/09/28 21:20 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: *こんばんは* 

はしびろけろ様
 コメントありがとうございます。
 私は他の食べ物でも焦げたものが大好きなので(笑)
 やめなさい!ガンになる!って母に良く言われました。

 包丁を揚げ油につけながら切る・・というのは
 火を更に肉に通す手段なのか?といつも疑問に思っています。
 なんとなく聞けない雰囲気なんですよ^^;

2012/10/01 08:54 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/654-86707740

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: