2012/10/19 (Fri) たまには料理をした話をします! 栗の渋皮煮

親にとってはいくつになっても子供は子供で・・・こんな出来の悪い娘でも心配らしいです。出来が悪いから・・・かもしれませんが・・・。いつも電話をしてきては「何か欲しいものはない?」と聞かれるのですが、季節なので「もしどこかにあったら大きなサイズのがあったら、が欲しいな。渋皮煮を作りたいの。」と前回の電話で話しました。

2日後くらいに宅配便が届きました。なんだか重い。でした。なんと5kgもっ!5kg皮をむくのは無理なので2kgはおすそ分け。1kgだけ頑張って鬼皮をむくことにしました。昔、の皮むきで左手親指を6針も縫ったことがあるので、ちょっとはコワイ(笑)
RIMG2881.jpg
かなり大きなです。秋田県では西明寺の栗が有名なのですが、母の話によると栗の木が老朽化して大きな栗があまり取れなくなっているそうなのです。鳥海山近くの栗を送ってくれました。

水につけておいた栗を剥きはじめたのですが、鬼皮だけを剥くのは本当に大変。鬼皮さえきれいに剥けたら、もうできたも同然ですもの。がんばりましたが結局けがをしてしまったので、急きょ鬼皮の剥き方をインターネットで検索。最初っから調べておけよ!って話ですよ。
インターネットって便利です。底のがさがさしている部分のちょっと上に包丁で傷をつけます。そして熱湯の中に入れ、1分茹でます。そうすると傷をつけたところがちょっとだけですが浮き上がってとても皮が剥きやすいのです。茹でちゃうってどうなの?って思いましたが、あまり影響なかったです。ただ深く傷をつけすぎると渋皮にも傷がついてしまうので注意が必要です。
RIMG2888.jpg
剥けたーーー!!!そこのがさがさした部分やふさふさしているところは多少残っていても大丈夫。次からの工程できちんととれます。

次にお湯を沸かしてその中に剥いた栗と重曹大匙1を入れて、10分茹でます。
RIMG2890.jpg
最初はしゅーしゅーいって上みたいな感じなんですが、10分たつ頃には下みたいな感じになります。
RIMG2891.jpg
私は鍋がなかったのでアルミの鍋を使ってしまいましたが、アルミじゃない鍋で煮なければいけません。ステンレスかほうろう鍋がいいと思います。一発でアルミ鍋はダメになります。この後、そおっと水を流しながら洗います。しつこいようですが傷がつくと渋皮がめくれてきちゃいます。洗い終わったらまた同じことを2度行います。

水がにごらなくなってきたら、今度は仕上げです。栗の半分の重さのお砂糖を用意して、栗を煮ます。まず半量の砂糖を入れて・・・少しづつ足します。結局20分くらい火にかけていたかな・・・最後に私はラム酒を大匙いっぱい。あとは一晩そのままおいて味をなじませたら終了。ラム酒を入れると渋皮煮とより、ちょっと洋風な感じになります。結構甘いので、コーヒーのおともに・・・。お砂糖が入っているので、結構もちます。

出来上がりの写真は・・・・撮るの忘れました。なんだかなー。


ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

単なる日記 | trackback(0) | comment(2) |


<<YOKOSUKA軍港巡り と 追浜花火大会 | TOP | くまもん絵入り 肥後乃梅酒カップ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


*おはようございます* 

西明寺の栗は300年!ほど前から栽培されている大きな栗なのですね~。
老朽化してあまりとれなくなっているとはチョット残念ですね。
でも鳥海山の栗も大きくツヤツヤしていて!

渋皮煮ってたいへんだと聞いていましたがこんなに手間がかかるものだとは...。
一度作ってしまえば日持ちがしていいですよね。その一度が出来ないけれど(^^;

ブラックコーヒーとあわせて3時にゆったりと渋皮煮と...う~ん いいなぁ♪。
では。

2013/01/13 09:16 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: *おはようございます* 

はしびろけろ様
 西明寺の栗は本当に大きいのですよ。
 しかも、大きい割には甘くて美味しい。
 栗林の根元には、カタクリが植わっていて
 春にはカタクリの御花畑が綺麗です。
 いいところなんですよ。

 渋皮煮出来上がると
 なんだかもったいなくてちょっとづつになってしまいます。
 本当は誰かにも食べてほめてほしー。
 次回作る時にははしびろけろさんにも送ります。

2013/01/15 10:14 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/733-356f6313

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: