FC2ブログ
2012/10/27 (Sat) 週末長野の旅④ 草間彌生展「永遠の永遠の永遠」

草間彌生さんは1929年、長野県松本市生まれです。ゆかりの芸術家ということで松本市美術館では、草間彌生さんの作品も収蔵しているようですが、7年ぶりに最新作の展示会が行われていました。「永遠の永遠の永遠」とタイトルがつけられたこの作品展は、大阪・埼玉を回って生まれ故郷の松本に帰ってきました。
2012_10_27草間弥生展 (1)
美術館の入口もクサマバスと同じデザイン。彌生ちゃんと言えば、水玉ですもんね。
2012_10_27草間弥生展 (2)  2012_10_27草間弥生展 (3)
入館前にこんなどっかーんと大きな作品があります。入る前に外を一回り。
2012_10_27草間弥生展 (6)
中庭にはみんなが記念写真を撮りたくなるような大きなカボチャ。見たら あぁクサマヤヨイだね・・って詳しくない方でもわかりそうな作品です。外を回るだけでも既に十分に楽しい。
2012_10_27草間弥生展 (7)
コカコーラの自販機だって、ヤヨイちゃん仕様になっています。

では中へ・・・入っていきなり・・水玉のおおきなワンちゃんがいてこのワンちゃんの名前はリンリン。
2012_10_27草間弥生展 (21)
階段の途中にいるヤヨイちゃんの足跡が館内を案内してくれるという趣向で、床に足跡がついてます。
2012_10_27草間弥生展 (10)
ヤヨイちゃんは でかし!本当のヤヨイちゃんは、大きくない方です。このボードの前で写真を撮る方多数。
2012_10_27草間弥生展 (18)
館内では写真を撮影してもいいところが指定されていますが、かなりのエリアで写真が撮れます。
2012_10_27草間弥生展 (13)  2012_10_27草間弥生展 (17)
まぁ どこも水玉なわけです。クサマヤヨイさんは10歳の頃から水玉を書いていたということですから、水玉好きは筋金入りです。平面の絵もたくさんありましたが、やっぱり立体のものが心惹かれますし、平面のものはなんだか説明できない妙な気分になるのです。それだけ私にとってインパクトがあるということなのですが、それを吸収するだけのパワーが私に足りない気配。

会場の最後のところで草間彌生さんの映像が上映されていて、絵を描くところを見ることが出来ました。彌生さんはもうお若いとは言えない年なのですが生命力あふれています。彌生さんの展示会は2004年のクサマトリックスを見たのですが、いつもその勢いに圧倒されてしまいます。彌生さんは大好き!というよりは、いつも気になる存在なのです。彌生さんをなんと表現したらいいのかと思っていたら、HPでは前衛芸術家と記述がありました。
長野は11月4日で終了。今は新潟で開催されているそうです。 詳しくは→ こちら


松本市美術館
〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22  
TEL: 0263-39-7400 FAX 0263-39-3400
E-mail:museum@city.matsumoto.nagano.jp
【開館時間】
午前9時~午後5時まで
【休館日】
月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29~1/2)
※7/10~13、11/6は臨時休館日です



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト



長野 | trackback(0) | comment(2) |


<<週末長野の旅⑤ 上諏訪温泉 片倉館 | TOP | 週末長野の旅③ 長野で初めての食事はお蕎麦 榑木野駅舎店>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは!

自販機やワンちゃんは埼玉になかったので、やはりこちらのほうがすごいですねぇ。
さすが地元です!

お気持ちわかります、私もすごく好きって感じではなく…
見ておきたい!みたいな感覚ですね。
以前NHKでやっていたドキュメンタリーを見たのですが
少女のままのようでありながら、作品を売ることやすごい芸術家になること
(今も十分なっているように思いますが…)にとても貪欲で
その姿が強烈に印象に残りました。

水玉、草間彌生自身が少女の頃から見えている幻覚なだけあって
見ていると不安な気持ちになりますね…
描かないと自殺してしまう、と話していましたが確かにこんなふうに
世の中が見えていたら…生きづらいでしょうね。。。

2012/11/17 15:11 | naotomomo [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

naotomomoさま
 コメントありがとうございます。
 埼玉でやってたのかーって行けなかったのちょっと残念に思ってたのですが
 ワンちゃんはなかったんですか・・・そーかー
 ちょっとづつ違うのかな。

 自販機はいつもそこにあるらしいですよ。
 展示会ではなくても、作品はたくさん収蔵されているようです。
 やっぱり地元ですもんねぇ。
 
 芸術家というのはやはり普通の人とは違うんだなと
 草間彌生さん自身を見たり、作品を見たりすると
 強烈に思います。

2012/11/19 09:12 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/743-19fdb56c

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: