2013/01/02 (Wed) お寺に初もうで  鶴見 総持寺

だいたいのお正月は秋田で過ごしていたので、年を越すとすぐに実家から車で5分くらいの神社に初もうでをしていました。雪が積もりつめったい空気の中の初もうでは、なんだか気分まですっきりするようで捨てがたいものです。
今年は横浜で年を越しました。初もうではやっぱり横浜でしないと・・・と。元旦は混雑しているということだったので、2日に総持寺へ行ってみました。鶴見には何度も行ったことがあり、総持寺の入口も知っていましたが実は行ったことがありませんでした。私が知っているのは石原裕次郎さんのお墓があるところだということだけです。

鶴見駅周辺はかなりの人出。総持寺方向へ向かうと、総持寺にお参りにいらしたんだなと思う方々がたくさん歩いています。列になっているというほどではありませんが、なんとなくついていくと総持寺に到着できるくらいの感じ。駐車場もあるようですが、初もうでの期間は祈祷してもらう車のみになっていたようです。
2013_01_02総持寺 (19)
ここが入口みたい。立派な「大本山総持寺」と書かれた石の塔がたっています。
2013_01_02総持寺 (21)
門があった!調べてみるとこれが総門でした。この門を通ると少しの間屋台が並んでいます。
2013_01_02総持寺 (22)
そしてまた門!「三門」です。「三門は、木原崇雲氏が妻の菩提のために寄進され、昭和四十四年に落成した建物です。鉄筋コンクリート造りでは、日本一の大きさを誇っています」とHPにありました。鉄筋コンクリート造りなのね・・・。
2013_01_02総持寺 (23)
見えているのが金鶏門だと思うのですが定かではありません。この先、もう何がなんだかわからないくらい広くて建物がいっぱいあるんです。どこに詣でればいいのか・・・(笑)
2013_01_02総持寺 (24)
金鶏門の脇には百閒廊下が繋がっています。この廊下で東西の建物が繋がっているようです。廊下はぴかぴかです。毎朝雑巾がけするんだろうなぁ・・・。
2013_01_02総持寺 (25)
お参りします。そう言えばお寺に初もうでって初めてです。初詣って神社のイメージ。柏手をたたいちゃだめです。お参りの仕方は良くわからないのですが、失礼のないように・・・と。
2013_01_02総持寺 (27)
あー この建物は遠くから見たことあるっ!びっくりするくらい大きいです。大祖堂という建物だそうです。「千畳敷の内中外陣と、982坪の地下室を有し、瓦葺形の銅版屋根は53トンに及びます。」とHPに説明があります。地下室もあるんだ・・・。

お参りをして一通り見て回りましたが、とにかく広いです。10万坪ですって。境内には鶴見大学もあります。総持寺で運営している大学だったんですね。知らなかった。初めてだったので、とにかく広い境内に驚きました。
元旦はもっと混雑しているのでしょうが、2日は人は多いですがどうしようもないほどではないです。穏やかなお天気だったので、ちょっとお散歩気分でした。総持寺は開かれた禅苑を目指しているそうで修行僧のご案内で、諸堂を拝観することが出来るそうです。一周約1時間なんですって。(1人¥400)
今年は穏やかに過ごせますように。


総持寺
〒230-8686 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
TEL 045-581-6021 FAX 045-571-8221



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

関連記事
スポンサーサイト

横浜 | trackback(0) | comment(0) |


<<川崎の九龍城 ウェアハウスへ | TOP | それぞれのお雑煮>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/811-481f7eb8

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: