2013/05/22 (Wed) しんでぃ 本に載るの巻

フェイスブックページができていました。→ こちら
前回の訪問は → こちら

久しぶりの「しんでぃ」さん。しばらく和そばばかり食べていましたが、この日は偶数日で絡めそばの日。同行者は和そばは大のお気に入りになりましたが、絡めそばはどうでしょうか・・・。気に入らなかった場合はこてんぱんに言われたりするので、ちょっと緊張。
正直に言うと、私は絡めそばは好きだし美味しいと思うけれど、絡めそばと和そばが両方あったら和そばを頼んじゃうかなーって感じです。
20130522しんでぃ (3)
あー でも、改めて食べてみると絡めそばは一番麺の食感が楽しめるかもしれないです。やっぱりこれも捨てがたい。同行者も和そばまでではないけれど、結構気に入ったみたいです。

カクテルも一杯¥500で飲めるようになりましたし、今までとちょっと違う楽しみ方ができるようになりました。スナックの居抜きでインテリアもそのまんま。ラーメン屋さんであるという意識を取り払えば、ビロード張りのソファでゆっくりできます。天井のミラーボールは今も回せるのかな。

いつも帰る時にはドアのところまで見送って下さるのですが、ドアのところで「やっと少しやっていけるような気がしてきました」と。ラーメン石神秀幸さんの「ラーメンマップ」という本に掲載されたそうです。
20130522しんでぃ (1)
個人的には本に載った・・とか好きじゃないんですが、このお店の場合はとりあえずお店に入って食べてみないと始まらないので、色んな人に知ってもらうためにはありがたいことだと思います。その載った記事をちょっと見てみたいのですが、なかなか本屋さんで見つけることが出来ていません。これはamazonで買うしかないかも。
そうそう それとこれを機にメルマガを始めたそうです。→ こちら で、登録できます。


麺料理しんでぃ
TEL 非公開
住所 東京都大田区西蒲田7-5-8 2F
営業時間 昼 11:00~15:00(14:30ラストオーダー)
      夜 18:00~23:30(23:00ラストオーダー)←営業時間が延びました。要チェック!
定休日 日曜・木曜 ※今後変更の可能性あり。HPで要確認

お店のHPは → こちら





ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事
スポンサーサイト

東京 | trackback(0) | comment(2) |


<<モトスミ・ブレーメン通り商店街 | TOP | やっと果たしました 再開した三崎のキーコーヒーへ訪問>>

comment











管理人のみ閲覧OK


*③こんばんは* 

本当にラーメン屋さんて競争が激しいし流行りがあったりして
たいへんだろうなぁって思ってます。家賃などもあるし・・・ 

色々試行錯誤しながら自分のラーメンを貫きつつ
儲けなきゃいけないですものねぇ 

”洋そば”が出来たようですね?
みかんさんはもう食べましたか?
では。

2014/03/28 20:34 | はしびろけろ [ 編集 ]


Re: *③こんばんは* 

はしびろけろ様

 うんうん ラーメン屋さん大変ですよね。
 流行もあって、好みもあって・・・
 きっと皆自分が作っているラーメンが最高に美味しいと思っている筈です。
 (いや そう期待します。)

 様々なラーメンが生き残っていけるのも
 首都圏ならではかもしれませんね。
 洋そばは最初のころ続けて食べていたのですよ。
 http://mikanmikan213.blog.fc2.com/blog-entry-827.html
 和そばも洋そばもどっちも美味しいけれど
 洋そばのチャーシューはすばらしく美味しいです。

2014/03/31 10:48 | 海塩みかん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mikanmikan213.blog.fc2.com/tb.php/915-03ec2e17

| TOP |

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: