2016/06/04 (Sat) 6月の秋田③ 串の実

昼間はとりあえず親孝行(ということにしておいて)をして、夜は秋田のお友達と食事。今で言う 女子会ってやつですね。女子ではないような気がするけど・・・・。食事場所は大町なんですが、秋田の中心地・広小路にてなにやらイベントをやっていると聞いて、どんなもんなのかちょっと立ち寄りました。

最初に見えたのが↓これです。これは能代七夕じゃあないですか。おー 意外と大がかり。
DSC_1298.jpg
花輪ばやしの屋台も!一度行ってみたいと思ってるんです。もちょっと暗くなったらきれいだろうなぁ。
DSC_1299.jpg
これは「酒田まつり」の大獅子。秋田のお祭りだけじゃないのね。
DSC_1300.jpg
イベントって正式にはどんなんなんだろうと調べてみたら「食と芸能大祭典2016」というものでした。2015年には六魂祭(大震災を機に始まった東北6県の各県庁所在地の代表的な6つの夏祭りを一同に集めた祭り)の会場が秋田だったのですが、たいそう盛り上がったので秋田で独自に始めたイベントなんだそうです。毎年行われるようで2018年は5月末に行われます。もっとしっかり見たかった・・・これ終わってからご飯でも良かったなぁと思ったんですが、どうもこのイベントがあるから食事場所の予約ができたというのもあったようです。

というわけで、イベント自体が始まる前に食事場所へと急ぎます。場所は大町5丁目。フェニックスビル!!フェニックスビルってまだあったのねー。大町の飲み屋が入ったビルって古いビルが多いです。今度ゆっくり看板でも見に行こうっと。
そのフェニックスビルの1階にある「串の実」という串揚げ屋さんです。2度づけ禁止みたいなお店じゃなくって、ちょっと高級でおしゃれな串揚げ屋さん。揚げ物だけど、これなら初めてのデートでも大丈夫。
お料理もおしゃれです。人気は4000円のコースのようでしたが、初めてなので3000円のコースを予約していました。
R0073780.jpg R0073781.jpg
R0073782.jpg R0073783.jpg
R0073785.jpg R0073786.jpg
R0073787.jpg
揚げたてが出てきます。ただ素材に衣をつけて揚げただけじゃなくて、どれもひと手間かかってます。お上品ですわん!
それもそのはず、このお店は天ぷら・醍醐(だいご)さんの系列店です。以前は屋台村というところにあり、もっとカジュアルだったはずなんですが、ちょっと路線変更したのかもしれないです。私はもう揚げ物なら・・それもパン粉のついた揚げ物が揚げたてならなんでも好きなんで、もちょっとカジュアルだったらもっと頻繁に行っちゃうのかも。でも、秋田にこれ以上の串揚げやさんはありません。

量少なめのお安いコースにしたのは、もう一軒行きたいというのもありました。お店を出たら雨が降り始めておりまして・・・走っていける近いお店が全員の希望。これまた初めてのお店だったのですが、筋向いにある「Radio's Bar」へ。ひっどい写真ですが、見た通り一軒家Barです。見た目ちょっとカジュアルな感じですし、中も見えるので入りやすいです。
R0073788.jpg
モヒートを注文。ちゃんと生ミントあるんだ・・・と密かに思ったり。
R0073790.jpg
お腹はいっぱいなんだけど、〆に何か食べたい感じだったので(これがいけないんですよねー。)ピッツァを1枚。
R0073791.jpg
カウンターに座れば、本格的なバーを味わえそう。カジュアルって思ったけど、結構本格的。Radio'sBarって山王で見たような・・・って思ったら、山王にもまだあるようです。Bar慣れしていない私にはちょうどいい感じのBarでした。一人でも大丈夫そう。
R0073792.jpg
仕事の愚痴やらなにやらあーだこーだと言いながら、女子3人の夜は更けていくのでした。大人になるとお友達を作るのはとっても難しいので、こんな風に集まれるお友達がいるってほんとにありがたい。長い付き合いになりました。



関連ランキング:串揚げ | 秋田駅

HP



関連ランキング:バー | 秋田駅

HP

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2016/06/04 (Sat) 6月の秋田② 角館の百貨店イオヤと古民家カフェねずねこでお茶

お昼ごはんの後、どこかでお茶でも飲もうと思ったんですが、両親と一緒の場合は色々と条件があります。父はコーヒーを飲まないので、コーヒー以外を注文できて、母は階段を上るのは難しいので階段の利用がなくて駐車場が近いことが条件です。
角館は昔よりも観光客が多くなりました。たぶん、秋田県民が考えているよりもずっと知名度が高いのかもしれません。観光客が多くなってお店も増えました。私が知らないお店もたくさんあります。とりあえず、角館の街中をひとまわり。

えーっ こんなとこあったっけ?絶対に昔からあるはずのお店を発見。今まで通ったことがあまりなかったのかもしれません。建物に「伊保商店」と書いてあります。正確には彫られています。こんな石造りの建物は、角館どころか県内で見た記憶がありません。横から見ると2階建てのようなので、看板建築の一種なのでしょうか。1階は店舗です。
DSC_1295.jpg
伊保商店と書いてありますが、地元の人には「イオヤ」と言えばわかるそうです。そういえば、「イオヤ」って書いてありますね。大正13年に3年間もの長い時間をかけて造られた建物なんだそうです。なんで今まで知らなかったんだろう?角館の人には、なんでも売ってるデパートみたいな存在だそうですよ。秋田で“ホジね”(ほんじねとも言います。地域によってちょっと違う。)といえば、お馬鹿さんとか常識がないとかいう意味なんですが、角館ではそんな時に「イオヤさ行ってホジ買ってけ!」と言うくらいの場所なんですって。ホジも売っているものなら、買いたいものです。(ほじの語源につきましては、興味があれば こちらで。)
DSC_1296.jpg
どんどん話がそれていきましたが、せっかくなので店内も見せていただきました。うひゃー すごく懐かしいものから新しいものまで何でもあります。雑貨屋さんというだけではない品揃え。もっと細かく見たかったですが、父がつまらなそうにしていたのでまたこの次の機会に。これに興味なこと自体が信じられないぞ!お父さん(笑)
DSC_1297S.jpg

一回りしているうちにちょっと変わったカフェを発見しました。なんとか車も停められそうですし、こちらにお邪魔することにします。
R0073764.jpg
古民家を雑貨屋さん兼カフェにしている 喫茶「ねずねこ」さんです。熟成深煎豆をネルドリップで丁寧に仕上げた昭和50年代のコーヒーを再現しているそうです。
R0073765.jpg
店内には雑貨が所せましを置かれています。喫茶の席もあるのですが、天気が良くあたたかく気持ちがよかったので、外の席に座らせてもらいました。外の席はペットも可だそうです。
R0073766.jpg
店舗はオーナーがリノベーションしたものだそうです。窓枠とかドアとか古いおうちから集めていたのかな。組み合わせにセンスが感じられます。色合いもかわいい。
R0073768.jpg
外の席の真ん前にはなぜか異常に大きな虎の置物。これは、誰かの趣味だったのかな。
R0073772.jpg
コーヒーもアンティークのカップとお皿の組み合わせ。えーっと・・・昭和50年代のコーヒーの味なんでしたっけ?特徴的なことはなかったような気がしています。個人的には。
R0073776.jpg
食事メニューもありますし、ランチでも使えそうです。ちなみにちょっと見せていただいたのですが、2階にお部屋があって、泊まらせていただけるようですよ。角館の街中で便利だし、泊まってみたいです。なんか面白いとこを見た日でした。



関連ランキング:喫茶店 | 角館駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2016/06/04 (Sat) 6月の秋田① 角館 西宮家でランチ

秋田に帰ります。いい天気。飛行機の席は窓際の席が取れました。
DSC_1284.jpg
いつも羽田を飛び立つときには、勤務先が見えないかなぁ・・・と窓に顔をくっつけています。今日も微妙。
DSC_1287.jpg
そろそろ秋田が近くなってきましたよ。鳥海山です。鳥海山(ちょうかいさん)は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。出羽富士(でわふじ)とも呼ばれています。天気の良い日には、秋田市内からも見える山です。
DSC_1291.jpg
飛行機に乗っちゃうとあっという間なんですよねー。55分で秋田に到着です。

頑張って早朝の飛行機でしたから、朝のうちに実家到着。あまりのお天気の良さにどこかに行こうか・・・ということになりました。
秋田の人のドライブの定番、角館(かくのだて)方向へ。角館(かくのだて)は秋田県仙北市にある「みちのくの小京都」と呼ばれる町です。国の重要伝統的建造物群保存地区になっていて、現在も藩政時代の地割が踏襲され、武家屋敷等の建造物が数多く残っています。さくらの時期が一番観光客の多い時期ですが、いつも観光客がたくさんいます。秋田市からは一時間ちょっと。

武家屋敷通りはいつも観光客がそぞろ歩いていますが、そこからちょっと離れたところにある田町武家屋敷通りにある「西宮家」でお昼ごはんを食べることにしました。西宮家は5つの蔵と1つの母屋があり、その蔵の一つが「北蔵」というレストランになっています。
R0073750.jpg
おすすめメニューは↓こちら。
R0073747.jpg
蔵の中のお席と、外が見える蔵の外の席があるのですが私たちは外の見える席に座らせてもらいました。
R0073746.jpg
お勧めのローストポーク御前をいただきました。¥1080 見た目もきれいですが、味も良かったです。天気も良く、お庭も見えて気分もいいですし、ご年配の方にもおすすめ。
DSC_1292.jpg
他の蔵ではちょっとした昔の展示品があったり・・・
R0073752.jpg
お土産品のお店になっていたりします。
R0073754.jpg
こちらでお茶も飲めるのですが、せっかくなので食後のお茶は別のところへ行ってみることにしました。



関連ランキング:洋食 | 角館駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(2) |


2016/04/30 (Sat) 2016GW秋田⑩終 秋田市山王のカフェ ナガハマコーヒー

今年のGWの秋田は天気に恵まれませんでした。ここまで悪いことは近年なかったんですけどねー。
帰る日になったら天気が良くなるなんて・・・。

帰る前にちょっと一人になりたくて「ナガハマコーヒー」店内を改装したようです。
R0073730.jpg
そんなに広い店内ではないのですが、ちょっとした工夫がなされていました。
R0073729.jpg
壁のコーヒーカップがかわいいけど、椅子が大きかったりする分ちょっとせせこましい感じになったような気もします。
R0073728.jpg
ホットサンドイッチのセットにケーキ。ナガハマコーヒーはカフェですが、意外とケーキも美味しいです。以前はマフィンを良く食べていたんですが、最近見当たりません。もうないのかな。ケーキもつけたせいで、おなか一杯。欲張ってはだめですね。
R0073727.jpg
山王店は分煙されています。お店の奥の方に(昔お布団やさんだったころは、駐車場だったところ)喫煙可の席があります。実は、喫煙可の席の方が余裕があって好きだったりします。禁煙席は、改装前の方がすきだったなぁ・・・こればっかりは好みですが。
R0073721.jpg  R0073722.jpg
改装後は、営業時間が短くなったようで閉店19時です。ちょっと一杯飲んだ後、コーヒー飲むのに便利だったのに残念。



関連ランキング:カフェ | 秋田駅羽後牛島駅



ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(3) |


2016/04/28 (Thu) 2016GW秋田④ 北秋田市 綴子神社

宿泊のホテルは予約してあるものの、途中の予定は全くなく北上。私が生まれたところの近くで、私が子供のころにだいぶお世話になったという神社に行ってみることにしました。この神社の話は、小さいころから何度となく聞かされてきましたが、あまり記憶にないところなんです。でも、この神社の名前は刷り込まれています。
R0073648.jpg
赤ちゃんの頃、こちらの神主さん一家には大変お世話になったそうで私の赤ちゃんの頃のアルバムにも抱っこしていただいている写真が何枚かありました。境内にあったお宅に尋ねてみると、当時の神主さんの奥様がいらしてお会いすることができました。両親もずっとお元気かなーと気になっていたそうです。今は息子さんが宮司さんをなさっているようです。

神社のHPによると、鎮座地の綴子(つづれこ)の地名は日本書紀に記される肉入籠(ししりこ)が訛って綴子になったと伝えられます。古くから宇佐八幡宮・八幡宮と呼ばれ、境内のご神木「千年桂せんねんかつら」はご神体として永く祀られています。
そして↓これが千年桂。実は、落雷で倒れたと聞いていたのですが、倒れたのは境内にあったけやきの木だったそうです。それも社殿を避けるように倒れたそうで、それも神様が宿っていたからなのかな・・・と。
立派な木です。この木の話も小さいころから良く聞いていました。実際に見たのは初めてです。(見ていたのでしょうが、赤ちゃんに近い子供のころでしたから、記憶にないのです。
R0073652.jpg  R0073653.jpg←クリックすると大きくなります。

鷹巣(たかのす)と言えば、日本一の大太鼓が有名です。その大太鼓の祭りはこの綴子神社の例大祭。7月14・15日の2日間に渡り行われ、太鼓の音が4里4方(1里で約4km)に鳴り響きます。大太鼓は形・音・重さ・鼓手(太鼓の叩き手)数等で日本一といわれ、北秋田地方を代表する伝統郷土芸能です。現在上町の3,80mが最大ですが、下町の3,71mがギネスブックに認定されています。

綴子神社には、よくわからないながら親しみを持っていたのですが、思った以上に由緒正しい神社なのでした。それに、両親と共にお会いできて本当に良かったです。ちょっと心に残る旅になりそうな気がします。しかし・・・天気が悪い。

R0073657.jpg  R0073654.jpg


綴子神社←クリックするとHPに飛びます。
〒018-3301 北秋田市綴子字西館47
電話番号  0186-62-0471
FAX番号  0186-62-5846

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル

秋田 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

いらっしゃいませ

プロフィール

海塩みかん

Author:海塩みかん
年齢不詳を目指す器用貧乏。普通の会社員、たまに添乗員。
食べ物には異常な執着がある(ということを最近知った。)物覚えが非常に悪いが、行ったことのない場所でも美味しそうだ!と思えば記憶できる。地理は苦手だけれど、食べ物屋さん中心に覚える。
チェーン店よりも個人で営む店が好き。美味しいか美味しくないかには、誰が作ってくれるのか?その人が好きか?好きじゃないか?がかなりの割合で加味されています。
年齢不詳を目指しているため、突如として美容に興味を持ったりするが続かない。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: